« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月16日 (火)

『転校生 さよなら あなた(2007年)』

『転校生 さよなら あなた(2007年)』

大林宣彦監督作の『転校生 おれがあいつで あいつがおれで』の、
25年振りのリニューアル版の映画である。

自宅はケーブルテレビが入っているため、
何の気なしに番組表を眺めていると『転校生』の文字が目に入る。
ただし「さよなら あなた」とタイトルが続いている・・・・・・。
ただ、まさに開始時間であった為、チャンネルを合わせた。

始まってすぐ、大林監督作品のリニューアル版と判明した。
この時点では、見るかどうか迷った。
映画専用チャンネルな為、CMは無い。

「終わるまで2時間はあるなぁ~。尾道でもないし・・・・・・。」

大林監督が『転校生』をリニューアルしていたのは知っていたが、
三部作の一つをリニューアルすることと、
「尾道」を離れたという時点で、見ようとしていなかった。
(三部作、新三部作、尾道、大林ファンであるだけに仕方がない感情かも・・・・・・)

ただ、あっと、いう間に世界に引き込まれた。
スクリーン(画面)に表れるにくいメッセージ。
そして、毎月通っている長野の町の絵が、とてもきれいである。

内容としては、相変わらずの大林作品で、
いつものエッセンスが随所に散らばめられているが、
驚くほど洗練されていた。
(コミカルさは、いつもの様にヘタクソなのだが(笑))


話が進むうちに、
前作とは違う展開となっていく・・・・・。

まさに 「さよなら あなた」 だった。


今夜は満月。空には厚い雲があるため、
見ることは出来なかったが、雰囲気はあった。
だからなのだろうか、世界に引き込まれていく感じがあった。

尾美としのり&小林聡美の『転校生』は面白かった。
ただ長野版『転校生』は、本当に洗練されている。
これは傑作かもしれない・・・・・・。

よし、邦画を見直そう!!
まずは『さびしんぼう』からだ。
この秋は、独身時代のDVD鑑賞が復活するかもしれない・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

首相の辞任。

煽られている。

北京オリンピック野球代表監督の時も同じ感じだった。

上記の二人はあくまでも参考だが、
その人個人に信念や調整力があっても、
受け止める周りにも問題があるのだとおもう。

声がデカいとか、迫力があるとか、
世の中が英雄や強力な指導者を求めているとしたら、
かなり危険な状態かもしれない。

世の中にファシリテーターが
一人でも多く増えて欲しいと心から思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »